総合カタログ Vol.11 | 株式会社ユーシン・ショウワ
15/302

引戸鎌錠は一般的に、片引き戸の戸先に取り付ける錠で、形式はケースロックの本締錠です。デッドボルトが鎌の状態で作動するため、鎌錠とも言われ、設計上の特長としてシリンダーおよびサムターンが、扉面より極力出ないように工夫されています。また引違戸錠は、主に召合せ框の内・外框に取り付けられるように設計されており、機能としては框を引きつけると同時に、引き分けられるシステムとなっています。6.引戸鎌錠・引違戸錠ケースロックと同じ箱型をした本体をもっていますが、シリンダーはノブの中に納められ、ケースロックとボードロックの特長を兼ね備えた錠となっています。取り付け方は、ケースロックと同じように四角のほぞ穴をあけます。4.インテグラルロック■ISD・ISシリーズ等ケースロックと同じ箱型で、ノブ、レバーの無いデッドボルトだけを備えた錠です。5.本締錠■CHD・SDA(F)・535D・ 397シリーズ等■376シリーズ等         ■HP-S・KS-2Bシリーズ等電気的に施解錠できる機能を備えています。扉に取り付ける扉付電気錠と、扉の枠に取り付ける枠付電気錠の2タイプがあります。7.電気錠■扉付電気錠ECH・ECLH・EALシリーズ    ■枠付電気錠EDMシリーズ       ■本締電気錠EMXシリーズ資料編官民試験合格品防犯性部品についてセキュリティ製品編カードロックマイスナー電気錠セキュリティ関連製品防犯性能部品ドアロック製品編ケースロックレバーハンドル錠インテグラルロックケースハンドル錠面付錠本締錠非常錠ガラス扉錠引戸鎌錠引違戸錠レスキープッシュプル錠セブンロック ラバトリーロックその他製品編リ・ボーン アフターサービス編索引製品価格表15

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る