総合カタログ Vol.11 | 株式会社ユーシン・ショウワ
16/302

3.シリンダーの種類とその機能錠の心臓部とも言えるのがシリンダーです。当社では安全構造を追求したピンシリンダー、Xキーシリンダー、NXキーシリンダー、WXキーシリンダーの4タイプをご用意しております。4タイプ共、CP-C(全国防犯協会連合会)扉錠型式認定を受けたシリンダーがあります。回転する内筒と、固定された外筒が設定され、その境界面に障害物を差し込むことにより内筒の回転を妨げるようにしたものがシリンダーです。その障害物はキーを差し込むことにより取り除くことができ、内筒を回転させることを可能とします。■シリンダーの構造ピン(ドライバーピン、タンブラーピン)が上下にそれぞれ3~6ケ所取り付けられたものがピンシリンダーで、1列にピンが並んだ単列式のものが一般的です。鍵違いはキーの切り込み段の数と、ピンの列数(ピン数)により可能。当社で使用している6本ピンシリンダーは、切り込み段が10段ですから、計算上では106=1,000,000通りの鍵違いを作成できることになります。しかし実際には、同一の切り込みのものや、それに近いものはピッキングされやすく、またキーヘッドに近い部分に深い切り込みのあるものは折れやすくなるため、これらのものを排除すると約50万通りの鍵違いとなります。1.ピンシリンダー(※アンチピッキングピンを使用しています)8個以上のピンを使用し、水平対向に配列されたものがXキーシリンダーです。鍵違いはピンの長さと穴の位置により2,885,401,600通りの編成が可能です。キーは平らな4面体をしており、ニッケルシルバー材で作成されています。図のように表面のA部分と裏面のB部分に小さなすり鉢状の凹みが設けられており、この凹みが従来のシリンダーキーの切り込みに相当します。更に反対側にはこれと同じ位置と深さの凹みをAとB'に設けます。このためキーは表面でも裏面でも使えるリバーシブル構造となります。2.Xキーシリンダー■シリンダーの種類と機構1.表面裏面2.表面裏面BA´AB´外筒内筒タンブラーピンピッキング防止用ドライバーピンシャーライン資料編官民試験合格品防犯性部品についてセキュリティ製品編カードロックマイスナー電気錠セキュリティ関連製品防犯性能部品ドアロック製品編ケースロックレバーハンドル錠インテグラルロックケースハンドル錠面付錠本締錠非常錠ガラス扉錠引戸鎌錠引違戸錠レスキープッシュプル錠セブンロック ラバトリーロックその他製品編リ・ボーン アフターサービス編索引製品価格表16

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る