総合カタログ Vol.11 | 株式会社ユーシン・ショウワ
27/302

10.防犯サムターン(PAT.P)VTS型日常の使いやすさと、不正開錠に対する防犯性を兼ね備えたサムターンです。●対角上に2つの配置されたボタンを操作しながら、ノブを引き出すことにより施解錠操作ができます。(解錠状態)●普段はノブが空転し、サムターン操作はできません。(施錠状態)●インジケータ部に蛍光材を使用していますので暗い場所や夜間でもサムターンの状態が確認できます。解錠状態施錠状態VTS型防犯サムターンを取付けた状態ドライバーだけで簡単に取替できます。日本ロック工業会(JLMA)は、錠を適切に保守・点検することにより、安全上支障なく使用することができる標準的な期間を明示し、耐用年数を過ぎた錠に関しては注意喚起を促すことにより、長期間安全に使用していただくため耐用年数を制定致しました。耐用年数の期間は、製品(建物)引き渡し後あるいは購入後、一般錠10年、電気錠7年で、建物に使用される錠が対象となります。錠の耐用年数とは、製品の基本性能を保守・点検により維持できる取り替えまでの目安の期間として日本ロック工業会が設定したもので、製品の保証(無償修理)期間とは異なります。■錠の耐用年数について錠の耐用年数制定に伴い、日本ロック工業会と日本ロックセキュリティ協同組合は、錠の基本性能を保守点検により維持するために、共同で錠の保守点検制度を2012年6月9日(ロックの日)にスタート致しました。保守点検制度は、保守点検申込者を対象に(錠メーカーまたは)全国の日本ロックセキュリティ協同組合加盟店が定期的に現地を訪問し、保守点検を行うものです。保守点検の対象の錠は、ユーザーによる保守が難しく老朽化のおそれが高いところに使用されている「避難経路にある錠」と「全ての電気錠」です。今後、日本ロック工業会と日本ロックセキュリティ協同組合は機能性と防犯性の維持を行うだけでなく物件の信頼性向上にも繋がることを目的とし、一般消費者以外の建物管理者および所有者にも注意喚起を行なっていきます。■錠の保守点検制度について資料編官民試験合格品防犯性部品についてセキュリティ製品編カードロックマイスナー電気錠セキュリティ関連製品防犯性能部品ドアロック製品編ケースロックレバーハンドル錠インテグラルロックケースハンドル錠面付錠本締錠非常錠ガラス扉錠引戸鎌錠引違戸錠レスキープッシュプル錠セブンロック ラバトリーロックその他製品編リ・ボーン アフターサービス編索引製品価格表27

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る