総合カタログ Vol.11 | 株式会社ユーシン・ショウワ
293/302

代表的な錠前の取り付け方法〔Ⅲ〕インテグラルロック本体のラッチボルトの傾斜部を扉の開き勝手に合わせて差し込み、錠取付ネジで固定します。1.錠本体の取り付けO/Sノブの角芯をI/Sノブの角芯穴に合わせ、同時にO/SノブのロールバックをI/Sノブのロールバック穴に合わせ差し込みます。4.I/Sノブの取り付け本体のデッドが引き込んだ状態で、室外側よりノブの角芯、ロールバック及び引付脚を本体の各々の穴に差し込みます。*この場合、角芯の凹部を本体ハブ孔の凸部に合わせて差し込みます。2.O/Sノブの取り付けI/Sノブを取り付けるにはまず、図の様にローズ引付板をO/Sノブの引付脚に引付ネジで取り付けてください。3.引付板の取り付け受扉側の彫込みにストライクボックス、ストライクの順に入れ、ストライク取付ネジで取り付けます。5.ストライクの取り付け1~5を適切に行われない場合正常に作動しないことがあります。6.注意(1)(2)ローズのネジ山とローズ引付板のネジ山を合わせ、締付金具で右に強く締め付けてください。アフターサービス資料編官民試験合格品防犯性部品についてセキュリティ製品編カードロックマイスナー電気錠セキュリティ関連製品防犯性能部品ドアロック製品編ケースロックレバーハンドル錠インテグラルロックケースハンドル錠面付錠本締錠非常錠ガラス扉錠引戸鎌錠引違戸錠レスキープッシュプル錠セブンロック ラバトリーロックその他製品編リ・ボーン アフターサービス編索引製品価格表293

元のページ  ../index.html#293

このブックを見る